一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

早いもので‥ もう3月ですねぇ。
2月の終わりには、日中の気温も10℃くらいになってきて、
午後の日差しが暖かく感じられるようになったのですが、
ここ数日、また 真冬並みの寒さに戻りました!?
3月3日は横殴りに雪が降り〜強風の冷たい風がピューピュー。
油断してると大変なことになりますから{/汗/}

うッ〜〜〜さぶ さぶ !!

ところで〜、
今年も3月3日の「ひな祭り」が廻ってきましたね。
 
幾つになっても おひな祭りは嬉しいもので‥
けっこうウキウキしちゃいます!
我が家の、お雛さま「あいこちゃん」

シンプルな木目込みの雛人形は、
わたしの大のお気に入りの人形です。
お雛さまを飾るのは、子供の頃から、母ではなくこのわたし〜。
飾り続けて、ウン十年!? ハハハ 
まぁ〜それは‥随分と長いことお役目を全うしてきました。!?
      

     
 友人の中には、

「子供が幼稚園の頃までは飾ってたけど〜
  
仕舞うのが面倒で長いこと出してないわ!」 と、言う。

 

 ごもっともデス! たった2つの親王飾りでも 仕舞うときは大変。
〜なので、7段飾りの後片付けは さぞかし大変に違いない。
実際、 お部屋も小さくなってるし、出したり引っ込めたりするのは
大変な作業なので、今どきの売れ筋は「親王飾り」と
「三人官女」まで‥らしいですね。
でも、お雛様をちゃんと飾ってあげないと、
「 お雛様が泣いている‥」って、知っていましたか? 
泣いているらしいんですよ〜。 
箱の中で〜。   
う〜ん。。

今年、飾ってあげられなかった方〜〜
   来年こそはちゃんと飾ってあげてくださいね!





さて 、さて
「おひな祭り」の夕飯は、ワタシが作る「ちらしずし」って

言うのが我が家の定番なのですが、、今年は母が作ってくれました。
おめでたい‥女の子のお節句 「お雛祭り」 だから‥と。 
「お赤飯」を蒸かしてくれました。お蒸かし御飯は、母の十八番!
我が家で人気の母お得意料理のひと品です。

未だに、母のようには作れないのが情けない‥(^^ゞ
お赤飯の材料は、ワタシの叔母が丹精込めて畑で作ってくれたもの。
地元産のもち米と小豆を使ってのお赤飯です。


  

小豆は炊いて煮汁につけておく。
もち米を洗って約一晩お水につけときます。
一度蒸かして、
小豆、塩、南部美人?さんのお酒に、みりんの代わりに
隠し味の「はちみつ」を入れて、煮汁によ〜くとかします。
蒸かしたもち米とさっくりと、ムラのないよう混ぜ合わせます。
飯台で30分くらいなじませてから、2回目の蒸かし。
好みのご飯の固さになったら火を止めます。
 
器に盛り付けて、紅しょうがを飾り、ごま塩をふって召し上がれ!

     


-----

  • -
  • 01:03
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM